アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
日本大学第三高等学校硬式野球部応援団TOPICS
ブログ紹介
ホームページ
http://www.h6.dion.ne.jp/~sanko350/index.html
MAIL
http://www.h6.dion.ne.jp/~sanko350/TOP/mailform.html
zoom RSS

帝京を9-7で下し、決勝進出。

2017/04/23 20:00
画像

■春季都大会準決勝 4月23日(日)神宮第二 曇り
日大三 200 020 221=9 H13 E1 
帝  京 000 101 041=7 H8 E1

(日)櫻井、岡部−津原、高橋
(帝)白石、仁田、松澤、大胡−佐藤麟

[本塁打]金成、日置(日) 佐々木2、田中悠(帝)
[三塁打]櫻井(日)
[二塁打]長谷川2、(日) 志田2  
[盗塁]帝京1
[暴投]三高5 帝京1

終盤の帝京の追い上げを櫻井くんから岡部くんへの継投でかわして、9-7で勝利。9回表の日置くんの一発が効きました(日置くん、今大会4本目はチームトップ)。それにしても、どのチームも細切れの継投できますね。修徳が4投手、東海大菅生が5投手、二松學舎が3投手、そしてこの日の帝京が4投手。おそらくは昨秋同様、継投でくるであろう早実戦を前にタイプの異なるいろんな投手を経験できたのはありがたいところです。

画像
             ブルーは左打者。打者間の二重線は投手交代機。

画像
     初回、金成くんの豪快な2ランで先制。金成くん、今大会3発目。

画像


画像
         櫻井くんの魔球に、わかっていても止まらないバット


               【BEST16以降のトーナメント表】
画像


この試合の結果、2年ぶり19回目の関東大会出場が決定。下にトーナメント表を上げておきましたが、東京1位は埼玉2位と、東京2位は千葉1位と、いずれも5月21日(日)の対戦が組まれています(球場と時間は後日、各県の代表が出揃ったところで発表とのこと)。

さぁ、次は昨秋悔しい思いをした早実との決勝戦。ナイターが予定されていますが、果たしてどんな試合になるのか。あと2カ月余りに迫った夏の大会の前哨戦でもありますが、お試しモードではなくガチでいってほしいものであります。今日の試合で本塁に突入してきたランナーと交錯し、負傷退場となった津原くんが心配ですが……。

【春季都大会優勝までの道のり】
二回戦 4月5日(水)○14−1 葛飾野 (6回コールド)
三回戦 4月7日(金)○16−2 修徳 (5回コールド)
四回戦 4月10日(月)○4−3 東海大菅生
準々決勝 15日(土)○16−1 二松學舎大附 (5回コールド)
準決勝 23日(日)○9−7 帝京 
決  勝 27日(木)18:00 神宮球場 vs 早実 


画像

                【春季ベンチ入りメンバー】
画像


画像
                 三高は右下の第2シード。




【今後の主な予定】
5月13日(土)・14日(日) 宮崎MRT招待野球

5月20日(土)〜24日(水) 春季関東大会(茨城県)
画像


5月27日(土)・28日(日) 福岡県招待野球


■ある新入生の門出
画像
                   (4月1日付朝日新聞)





画像


画像

記事へトラックバック / コメント


準決勝・決勝の球場および日程が変更に。

2017/04/16 17:10
4月16日、都高野連から準決勝・決勝の日程と球場が変更される旨、発表がありました。

【準決勝】
4月22日(土)10:00 早稲田実×国士舘 神宮第二
4月23日(日)10:00 帝京×日大三    神宮第二
【決勝】
4月27日(木)18:00 神宮球場

狭い神宮第二で、前売りなしに準決勝2試合を行うことに危惧を抱いていましたが(いったい何時から並べばいいのか!?)、土日に分けて1試合ずつとなり、ホッとしました。そして、決勝はなんと、平日のナイター。しかも神宮球場で。いやがおうにも昨秋の早実との決勝が思い出されますね。


               【BEST16以降のトーナメント表】
画像


画像
         2016.11.3 秋季都大会決勝 対早実戦 神宮球場


【春季都大会優勝までの道のり】
二回戦 4月5日(水)○14−1 葛飾野 (6回コールド)
三回戦 4月7日(金)○16−2 修徳 (5回コールド)
四回戦 4月10日(月)○4−3 東海大菅生
準々決勝 15日(土)○16−1 二松學舎大附 (5回コールド)
準決勝 23日(日)10:00 vs 帝京
決 勝 27日(木)18:00 vs 早実×国士舘の勝者


画像

                【春季ベンチ入りメンバー】
画像


画像
                 三高は右下の第2シード。


【今後の主な予定】
4月1日(土)〜23日(日) 春季都大会(本大会)
5月13日(土)・14日(日) 宮崎MRT招待野球
5月20日(土)〜24日(水) 春季関東大会(茨城県)
5月27日(土)・28日(日) 福岡県招待野球



「ブラバン甲子園」の模様が「バーチャル高校野球」のサイトで紹介されていました。

画像





画像


画像

記事へトラックバック / コメント


二松學舎大附を16-1で下し、ベスト4進出。

2017/04/15 20:03
画像

■春季都大会準々決勝 4月15日(土)神宮第二 曇り
日大三高 322 90=16 H13 E3 (5回コールド)
二松學舎 010 00=1  H1  E2

(日)櫻井−津原
(二)市川、石田、田中−松江

[本塁打]日置、櫻井(日)
[三塁打]櫻井(日)
[二塁打]長谷川、津原、八木、大西、金成(日)  
[暴投] 三高4 二松1

櫻井くんの1イニング7塁打(4回表)、金成くんの3打数3安打3打点など、打線が奮い13安打16得点。守備の綻びが出ながらも櫻井くんが二松打線を内野安打1本に抑え、結果的に5回コールドの圧勝となりました。打撃好調の津原くんが打順を一つ上げ7番に。2年生の大塚くんが代打→レフトで公式戦デビュー。

画像
井上くん、櫻井くんと並んで今大会3本目のホームランを放った日置くん(3回表)

試合後のスタンドに向かっての整列で、ひとり深々と頭を下げる選手がいましたなぁ。思うところがあったのでしょう。マジメすぎ! もっと楽に! 結果が思わしくなかったとしたら、起用した監督が悪いと思えばいいんだよ。まだまだこっから、 ガンバレ!

画像

画像
             ブルーは左打者。打者間の二重線は投手交代機。

画像
      櫻井くん、打たれたヒットは当たり損ねの内野安打1本だけ

画像



               【BEST16以降のトーナメント表】
画像



【春季都大会優勝までの道のり】
二回戦 4月5日(水)○14−1 葛飾野 (6回コールド)
三回戦 4月7日(金)○16−2 修徳 (5回コールド)
四回戦 4月10日(月)○4−3 東海大菅生
準々決勝 15日(土)○16−1 二松學舍大附 (5回コールド)
準決勝 22日(土)12:30 vs 帝京×東京実の勝者
決 勝 23日(日)11:00 vs 早実×(関東一×国士舘)の勝者


画像

                【春季ベンチ入りメンバー】
画像


画像
                 三高は右下の第2シード。


【今後の主な予定】
4月1日(土)〜23日(日) 春季都大会(本大会)
5月13日(土)・14日(日) 宮崎MRT招待野球
5月20日(土)〜24日(水) 春季関東大会(茨城県)
5月27日(土)・28日(日) 福岡県招待野球







画像


画像

記事へトラックバック / コメント


菅生の追撃を振り切り、ベスト8進出。

2017/04/10 20:11
画像

■春季都大会四回戦 4月10日(月)ダイワハウススタジアム八王子 曇り
日 大 三 高 130 000 000=4 H6 E2
東海大菅生 001 000 110=3 H5 E0

(日)櫻井、岡部−津原
(東)中尾、山内、戸田、松本、小玉−鹿倉

[三塁打]八木(日)
[二塁打]井上、櫻井(日) 小玉、田中(東) 
[暴投] 三高4 菅生1

序盤に金成くんのレフト前タイムリー、八木くんの2点タイムリースリーベースなどで先行した三高が、終盤の菅生の追撃を振り切り、1点差の勝利となりました。打線は、6回表の無死三塁をものにできないなど、5投手を繰り出す菅生の小刻みな継投にかわされて不完全燃焼の感。また、暴投や失策がいずれも失点に絡むなど、ディフェンス面での課題も残った試合でした。

とはいえ、悪い面が出ながらも終盤の競り合いを凌げたのは、今後に向けての好材料と前向きに捉えることにしましょう。なにより8回裏、一打出れば同点のピンチで、急遽櫻井くんをリリーフした岡部くんが、菅生4番の小玉くんを捕邪飛に打ちとり、見事なストッパーぶりを見せてくれたのが収穫でした。

画像
                  好リリーフを見せた岡部くん

画像

画像
             ブルーは左打者。打者間の二重線は投手交代機。

画像
                 先発の櫻井くん。今日は8K

画像



               【BEST16以降のトーナメント表】
画像



【春季都大会優勝までの道のり】
二回戦 4月5日(水)○14−1 葛飾野 (6回コールド)
三回戦 4月7日(金)○16−2 修徳 (5回コールド)
四回戦 4月10日(月)○4−3 東海大菅生
準々決勝 15日(土)12:30 vs 二松學舍大附
準決勝 22日(土)12:30 vs 帝京×東京実の勝者
決 勝 23日(日)11:00 vs 早実×駒大高、関東一×国士舘の勝者


                【春季ベンチ入りメンバー】
画像


画像
                 三高は右下の第2シード。


                 ◆ブラバン甲子園◆
9日にNHKホールで行われた「ブラバン甲子園」は、だいぶ盛り上がったみたいですね。試合形式の進行で、三高は第2試合で横浜高校とともにステージに登場し、チアなども交えた華やかな応援を繰り広げたとのこと。写真撮影はNGだったそうで、行かれた方からプログラムを代わりに送っていただきました。ビデオ撮影が入っていたようなので、いずれどこかでリリースされるのかもしれません。司会の方は、「また来年!」という趣旨のこともおっしゃっていたそう。出演する学校を変えて定番化していくんでしょうか。

画像



【今後の主な予定】
4月1日(土)〜23日(日) 春季都大会(本大会)
5月13日(土)・14日(日) 宮崎県招待野球
5月20日(土)〜24日(水) 春季関東大会(茨城県)
5月27日(土)・28日(日) 福岡県招待野球







画像


画像

記事へトラックバック / コメント


4発16安打で修徳に大勝! ベスト16進出。

2017/04/07 20:37
画像

■2017年春季都大会三回戦 4月7日(金)神宮第二球場 曇り
日大三 126 34=16 H16 E1 (5回コールド)
修  徳 000 11=1 H8 E1

(日)岡部、柿澤−津原
(修)岩崎、谷口、鈴木、坂本−宮本

[本塁打]日置、金成、津原、井上(日) 宮本(修)
[二塁打]八ツ代(修) 津原2(日) 
[盗塁] 三高1
[暴投] 三高3 修徳1

葛飾野戦に続き、打線が爆発。日置、金成、津原、井上の4発を含む16安打で毎回得点。16-2で修徳を5回コールドで下し、ベスト16に進出。夏のシード権を獲得しました。日置、金成、井上くんは2戦連発。下位の津原くんも3打数3安打7打点と大当たり。ハマったときの三高打線はやはり手がつけられません。

画像
      今日も完璧なアタリの2ランをライトのネットに突き刺す井上くん
                    photo:Ms.green(thanks!)

画像

画像
           ブルーは左打者。打者間の二重線は投手交代機。

     岡部(日) 4回1/3 被安打7 奪三振4 与四死球0 自責点2
     柿澤(日)  2/3回 被安打1 奪三振2 与四死球0 自責点0

画像
             三高の太田幸司? 岡部くん (photo:Ms.green)

画像
       公式戦初登板の柿澤くん。経験を積んで夏はエースに!                            (photo:Ms.green)

        
     岩崎(修) 2回    被安打5 奪三振4 与四死球1 自責点3
     谷口(修)  1/3回 被安打3 奪三振0 与四死球2 自責点5
     鈴木(修)  2/3回 被安打1 奪三振0 与四死球1 自責点1
     坂本(修) 2回    被安打7 奪三振4 与四死球3 自責点8



               【BEST16以降のトーナメント表】
画像



【春季都大会優勝までの道のり】
二回戦 4月5日(水)○14−1 葛飾野 (6回コールド)
三回戦 4月7日(金)○16−2 修徳 (5回コールド)
四回戦 4月10日(月)10:00 vs 東海大菅生 ダイワスタジアム八王子
準々決勝 15日(土)12:30 vs 二松學舍大附×朋優学園の勝者
準決勝 22日(土)12:30 vs 帝京×東京実の勝者
決 勝 23日(日)11:00 vs 早実×駒大高、関東一×国士舘の勝者


                【春季ベンチ入りメンバー】
画像


画像
                 三高は右下の第2シード。


■『ブラバン!甲子園ライブ 〜1都3県編〜』
4月9日(日)15:00開演 東京・NHKホール
【出場吹奏楽部】(50音順)
浦和学院高等学校、拓殖大学紅陵高等学校、日本大学第三高等学校&ダンス部、横浜高等学校
料金:2900円(全席指定)
主催・企画制作:キョードー東京

【今後の主な予定】

4月1日(土)〜23日(日) 春季都大会(本大会)
5月20日(土)〜24日(水) 春季関東大会(茨城県)
5月27日(土)・28日(日) 福岡県招待野球







画像


画像



記事へトラックバック / コメント


葛飾野戦、6回7発の本塁打攻勢でコールド発進。

2017/04/06 22:10
画像

■2017年春季都大会二回戦 4月5日(水)神宮第二球場 晴れ
日大三 230 414=14 H15 E0 (6回コールド)
葛飾野 000 100=1 H6 E1

(日)中村、八木−津原、高橋
(葛)茨木−宇田川

[本塁打]井上2、長谷川、櫻井2、金成、日置(日)
[二塁打]櫻井(日) 西田(葛) 
[盗塁] 三高2

1試合7発。小倉監督が「記憶にない」と言われるとおり、たぶんこれは三高史上初の快記録では。ほぼ毎試合誰かがホームランを打っていた畔上組(高山、横尾、菅沼、清水、金子……)のときでも1試合3本が2試合(成城戦、実践学園戦)あるだけです(もっとよく調べれば、他の年代で4本ぐらいはありそうですが)。

ちなみに、畔上組もセンバツ帰りの春の二回戦、同じ神宮第二で葛飾野と対戦。そのときは菅沼と畔上の2本で12-2の6回コールドでした。

画像

この試合、自身2本目、チーム7本目のホームランを放った井上くん。初回先頭打者ホームランの際と同様に痛烈な打球は、ライナーでスコアボード上のネットに突き刺さり、一瞬間をおいてポトリと落ちてきました。


【日大三】
画像

【葛飾野】
画像
4回裏の葛飾野の攻撃、3番山本くんの一打はライト前のポテンヒット。弾んだボールがファールグラウンドに妙な跳ね方をして処理にもたつく間に二塁へ。上のボックススコアでは二塁打としていますが、都高野連のHPでは単打としているようです。だとすると、三高にエラーがつくのかもしれません。

     中村(日) 3回1/3 被安打3 奪三振4 与四死球3 自責点1
     八木(日) 2回2/3 被安打3 奪三振1 与四死球1 自責点0
     茨木(葛) 6回    被安打15 奪三振4 与四死球9 自責点14

画像
                三高先発の中村くん(photo:Ms.GREEN)                  
画像

八木−高橋のバッテリー。バッターは、一次予選で2打席連続本塁打を放った葛飾野の主砲ブライトくん。足の怪我のため、この試合はスタメンを外れましたが、6回裏に代打起用され、意地のセンター前ヒット。


               【4回戦までのトーナメント表】
画像


                【春季ベンチ入りメンバー】
画像


【春季都大会優勝までの道のり】
二回戦 4月5日(水)○14−1 葛飾野 (6回コールド)
三回戦 4月7日(金)12:30 vs 修徳
四回戦 4月9日(日)12:30 vs 東海大菅生、小山台の勝者
準々決勝 15日(土)12:30 vs 二松學舍大附、日大豊山ほか
準決勝 22日(土)12:30 vs 日野×帝京、東京実×佼成学園の勝者
決 勝 23日(日)11:00 vs 早実、国士舘、八王子、関東一、創価ほか

三回戦を勝ち上がったところで、夏のシード権を獲得。優勝校・準優勝校は、5月に茨城で行われる関東大会出場が決まります。

画像
                 三高は右下の第2シード。


■『ブラバン!甲子園ライブ 〜1都3県編〜』
4月9日(日)15:00開演 東京・NHKホール
【出場吹奏楽部】(50音順)
浦和学院高等学校、拓殖大学紅陵高等学校、日本大学第三高等学校&ダンス部、横浜高等学校
料金:2900円(全席指定)
主催・企画制作:キョードー東京

【今後の主な予定】

4月1日(土)〜23日(日) 春季都大会(本大会)
5月20日(土)〜24日(水) 春季関東大会(茨城県)
5月27日(土)・28日(日) 福岡県招待野球







画像


画像



記事へトラックバック / コメント


履正社戦、九回2死から大敗を喫す。

2017/04/01 20:47
画像

■第89回選抜高等学校野球大会一回戦 3月20日(日)阪神甲子園球場
履正社 001 030 107=12 H11 E0 
日大三 200 000 210=5 H13 E2

(日)櫻井、岡部、櫻井、岡部−津原
(履)竹田−片山

[本塁打]石田(履)
[三塁打]大西、津原(三) 白滝(履)
[二塁打]西山、安田(履) 櫻井(三) 
[盗塁] 三高1
[捕逸] 三高1
[暴投] 三高2

画像
                    photo:外野の枯草さん

画像

画像
                     photo:Ms.GREEN

画像
                   3月21日付・朝日新聞より


             【センバツ2017ベンチ入りメンバー】
画像

画像
                   photo:外野の枯草さん


画像



■平成29年度 春季東京都高等学校野球大会

会場はすべて神宮第二球場。決勝を除き、すべて第2試合。おなじ日程、同じ球場の第1試合は早実が上がってくる可能性が高く、四回戦あたりから球場はだいぶ混み合いそうです。なお、この大会から中学生の入場は無料になったとのこと。

画像
                 三高は右下の第2シード。


【春季都大会優勝までの道のり】
二回戦 4月5日(水)12:30 vs 目黒学院×葛飾野の勝者
三回戦 4月7日(金)12:30 vs 文京、修徳ほか
四回戦 4月9日(日)12:30 vs 東海大菅生、錦城学園、小山台ほか
準々決勝 15日(土)12:30 vs 早大学院、城東、二松學舎ほか
準決勝 22日(土)12:30 vs 日野、城西、日大二、帝京、日大鶴、佼成ほか
決 勝 23日(日)11:00 vs 早実、国士舘、八王子、関東一、創価ほか

三回戦を勝ち上がったところで、夏のシード権を獲得。優勝校・準優勝校は、5月に茨城で行われる関東大会出場が決まります。

準々決勝までの組み合わせを拡大すると……

画像



■『ブラバン!甲子園ライブ 〜1都3県編〜』
4月9日(日)15:00開演 東京・NHKホール
【出場吹奏楽部】(50音順)
浦和学院高等学校、拓殖大学紅陵高等学校、日本大学第三高等学校&ダンス部、横浜高等学校
料金:2900円(全席指定)
主催・企画制作:キョードー東京

【今後の主な予定】

4月1日(土)〜23日(日) 春季都大会(本大会)
5月20日(土)〜24日(水) 春季関東大会(茨城県)
5月27日(土)・28日(日) 福岡県招待野球












画像


画像



記事へトラックバック / コメント


センバツ初戦は開幕日第2試合で履正社と対戦。

2017/03/10 11:03
センバツの組み合わせが決まりました。三高の初戦は、開幕日(19日)の第2試合(13:00〜)で秋の覇者、履正社との対戦となりました。相手は堂々の優勝候補、甲子園まで出かけていく甲斐があるというものです。胸を借りてガツンと行きましょう! アウェイではありますが、日曜日というのは応援団にとってはありがたい。

画像
                  (3月8日付け千葉日報より)
抽選会前にこの2人を並べて報じた千葉日報。何か予感するものがあったんでしょうか。


【いざ、紫紺の大優勝旗へ】
19日(日)13:00 vs 履正社
24日(金)11:30 vs 至学館×呉の勝者
27日(月)8:30 vs 熊本工×智弁学園、高岡商×盛岡大付のいずれか
29日(水)11:00 vs 報徳学園、前橋育英、市原望洋、滋賀学園ほか
30日(木)決勝 12:30 vs 早実、大阪桐蔭ほか

画像


             【センバツ2017ベンチ入りメンバー】
画像


【今後の主な予定】
3月10日(金) 午前9時 センバツ組み合わせ抽選会
3月14日(火) 午前10時〜10時20分 町田市壮行会
3月15日(水) 午前10:30〜甲子園練習
3月19日(日) センバツ開会式
3月30日(木) センバツ決勝
4月1日(土)〜23日(日) 春季都大会(本大会)
5月20日(土)〜24日(水) 春季関東大会(茨城県)
5月27日(土)・28日(日) 福岡県招待野球


■『ブラバン!甲子園ライブ 〜1都3県編〜』
4月9日(日)15:00開演 東京・NHKホール
【出場吹奏楽部】(50音順)
浦和学院高等学校、拓殖大学紅陵高等学校、日本大学第三高等学校&ダンス部、横浜高等学校
料金:2900円(全席指定)
主催・企画制作:キョードー東京



画像
                     2016年9月26日刊
     「はじめに言っておくけどね、いい男だよぉ。ほんとに」(関根潤三)








画像



記事へトラックバック / コメント


春季都大会組み合わせ決まる。

2017/02/26 19:46
2月26日、春季都大会の組み合わせ抽選が行われ、一次予選および本大会の組み合わせが発表されました。第2シードの三高はヤグラの右下。4月5日(水)の二回戦からの登場となります。

画像

会場はすべて神宮第二球場。決勝を除き、すべて第2試合。おなじ日程、同じ球場の第1試合は早実が上がってくる可能性が高く、四回戦あたりから球場はだいぶ混み合いそうです。27日付のスポニチの報道によれば、昨秋決勝が未曾有の混雑となったことから、今夏の大会では準決勝、決勝に関して前売りを検討するとのことですが、神宮よりキャパのない神宮第二での春の大会から実施したほうがよいのでは。センバツの結果次第では、昨秋以上の混乱になるのではないかと、今から心配です。
なお、春の大会から中学生の入場は無料になったとのことです。

【春季都大会優勝までの道のり】
二回戦 4月5日(水)12:30 vs 目黒学院×24B代表校
三回戦 4月7日(金)12:30 vs 文京、修徳ほか
四回戦 4月9日(日)12:30 vs 東海大菅生、錦城学園ほか
準々決勝 15日(土)12:30 vs 早大学院、城東、二松學舎ほか
準決勝 22日(土)12:30 vs 日野、城西、日大二、帝京、日大鶴、佼成ほか
決 勝 23日(日)11:00 vs 早実、国士舘、八王子、関東一、創価ほか

三回戦を勝ち上がったところで、夏のシード権を獲得。優勝校・準優勝校は、5月に茨城で行われる関東大会出場が決まります。

準々決勝までの組み合わせを拡大すると……

画像

順当に行けば、9日(日)に予定されている四回戦で、昨夏、準決勝で対戦し敗れた東海大菅生との対戦が予想されますが、三高OB・中島助監督のいる錦城学園、文京、修徳などの存在も気になるところ。三高の初戦は、目黒学院と一次予選24B代表校の勝者となりますが、ここの予想は難しい。

四回戦までの一次予選勢は、以下のとおり。
<24B> 豊島学院、高輪、葛飾野
<23B> 八王子桑志、南葛飾、城北
<22B> 文京大付、青山学院、本郷
<21B> 都市大等々力、大東大一、昭和一
<20B> 小山台、東洋、帝京大高
<19B> 成瀬、青稜、東村山西


【今後の主な予定】
3月10日(金) 午前9時 センバツ組み合わせ抽選会
3月14日(火) 午前10時〜10時20分 町田市壮行会
3月15日(水) 午前10:30〜甲子園練習
3月19日(日) センバツ開会式
3月30日(木) センバツ決勝
4月1日(土)〜23日(日) 春季都大会(本大会)
5月20日(土)〜24日(水) 春季関東大会(茨城県)
5月27日(土)・28日(日) 福岡県招待野球


■『ブラバン!甲子園ライブ 〜1都3県編〜』
4月9日(日)15:00開演 東京・NHKホール
【出場吹奏楽部】(50音順)
浦和学院高等学校、拓殖大学紅陵高等学校、日本大学第三高等学校&ダンス部、横浜高等学校
料金:2900円(全席指定)
主催・企画制作:キョードー東京



画像
                     2016年9月26日刊
     「はじめに言っておくけどね、いい男だよぉ。ほんとに」(関根潤三)








画像


記事へトラックバック / コメント


吉報届く! 6年ぶり19回目のセンバツ出場決定!

2017/01/30 17:13
       センバツ出場決定、おめでとうございます!


画像
            日本大学第三中学校・高等学校広報チャンネルより


画像
                     毎日新聞号外

選ばれた以上は、ぜひ、優勝旗を狙いたいですね。1971年以来の東京‐大阪決戦、72年以来の首都決戦、大いにあるんじゃないでしょうか。

画像
                     朝日新聞号外



                 甲子園でのご健闘を
           心よりお祈り申し上げます。






【センバツ大会での戦歴】
                 大会   部長        監督         主将
1 1938(昭和13)年 15 鮎沢信太郎  藤田省三   野村定雄
          1回戦 日大三中7−8滝川中(延長13回)
2 1939(昭和14)年 16 伊藤賢隆   藤田省三   鈴木年男
          1回戦 日大三中2−3海南中
3 1952(昭和27)年 24 桑野 卓   星川恒雄   福井祥仁
          2回戦 日大三高2−3長崎商
4 1956(昭和31)年 28 桑野 卓   星川恒雄   並木輝男
          2回戦 日大三高4−2日高
        準々決勝 日大三高0−9芦屋
5 1959(昭和34)年 31 桑野 卓   星川恒雄   藤平邦磨
           2回戦 日大三高0−6松商学園
6 1962(昭和37)年 34 桑野 卓   田口 周   鈴木康夫
          1回戦 日大三高7−1平安
          2回戦 日大三高4−3滝川(延長12回)
         準々決勝 日大三高1−0鎌倉学園
          準決勝 日大三高1−0中京商
           決勝 日大三高0−1作新学院
7 1964(昭和39)年 36 桑野 卓   青木久雄   松村信吾
          2回戦 日大三高2−7浪商
8 1968(昭和43)年 40 桑野 卓   鈴木吉三郎  深谷幸雄
          1回戦 日大三高1−3今治西
9 1970(昭和45)年 42 桑野 卓   萩原宏久   糸魚川省吾
          1回戦 日大三高3−0八代東
          2回戦 日大三高3−5三田学園
10 1971(昭和46)年 43 桑野 卓   萩原宏久   岩沢健一
          1回戦 日大三高6−0鹿児島商
          2回戦 日大三高7−6普天間
        準々決勝 日大三高3−0深谷商
          準決勝 日大三高2−0坂出商
           決勝 日大三高2−0大鉄    ※初の東京・大阪決勝対決
11 1972(昭和47)年 44 桑野 卓   鈴木康夫   吉沢俊幸
          1回戦 日大三高16−0戸畑商
          2回戦 日大三高4−1専大北上
         準々決勝 日大三高9−0諫早
          準決勝 日大三高5−3銚子商
            決勝 日大三高0−5日大桜丘  ※初の首都決戦
12 1974(昭和49)年 46 桑野 卓   山田隆夫   佐竹美哉
          1回戦 日大三高3−1向陽
          2回戦 日大三高1−7銚子商
13 1994(平成 6)年 66 星野 茂   青木久雄   羽田野孝司
          1回戦 日大三高10−4尽誠学園
          2回戦 日大三高1−4小倉東
14 1999(平成11)年 71 堀内 正   小倉全由   白窪秀史
          1回戦 日大三高5−2福井商
          2回戦 日大三高0−3水戸商
15 2001(平成13)年 73 堀内 正   小倉全由   杉山智広
          2回戦 日大三高8−5姫路工
          3回戦 日大三高3−8東福岡
16 2002(平成14)年 74 堀内 正   小倉全由   野崎将嗣
          1回戦 日大三高2−3報徳学園
17 2010(平成22)年 82 白井 洋   小倉全由   大塚和晃
          1回戦 日大三高14−4山形中央
          2回戦 日大三高3−1向陽
         準々決勝 日大三高10−0敦賀気比
          準決勝 日大三高14−9広陵
           決勝 日大三高5−10興南(延長12回)
18 2011(平成23)年 83 白井 洋   小倉全由   畔上 翔
          1回戦 日大三高6−5明徳義塾
          2回戦 日大三高3−1静清
         準々決勝 日大三高13−2加古川北
          準決勝 日大三高2−9九州国際大付
19 2017(平成29)年 89 三木有造   小倉全由   櫻井周斗


通算26勝17敗。はたして、この春は?


【今後の主な予定】
2月26日(日) 春季都大会組み合わせ抽選会
3月10日(金) 午前9時 センバツ組み合わせ抽選会
3月19日(日) センバツ開会式
3月30日(木) センバツ決勝
4月1日(土)〜23日(日) 春季都大会(本大会)


■『ブラバン!甲子園ライブ 〜1都3県編〜』
4月9日(日)15:00開演 東京・NHKホール
【出場吹奏楽部】(50音順)
浦和学院高等学校、拓殖大学紅陵高等学校、日本大学第三高等学校&ダンス部、横浜高等学校
料金:2900円(全席指定)
主催・企画制作:キョードー東京




画像
                     2016年9月26日刊
     「はじめに言っておくけどね、いい男だよぉ。ほんとに」(関根潤三)








画像







記事へトラックバック / コメント


櫻井14Kの奮投実らず、無念の準優勝。

2017/01/30 17:05
画像


■2016秋季都大会準決勝 11月3日(木) 神宮球場
日大三高 100 030 002=6 H10 E0 
早稲田実 010 300 004=8 H10 E0

(日)櫻井−津原
(早)中川、赤嶺、石井−雪山

[本塁打]金成(三) 野村(早)
[三塁打]西田(早)
[二塁打]井上、金成(三) 橘内(早) 
[盗塁] 早実1
[捕逸] 三高1
[暴投] 三高3 早実2

画像


【日大三高】
画像

【早稲田実】
画像
        うすいブルーは左打者。丸数字は学年。とくに表記のないものは2年生。

画像


        櫻井(日) 8回1/3 被安打2 奪三振14 与四死球3 失点8
        中川(早) 3回2/3 被安打5 奪三振1  与四死球3 失点1
        赤嶺(早) 4回1/3 被安打4 奪三振2  与四死球1 失点3
        石井(早) 1回    被安打1 奪三振0  与四死球2 失点2 
      

画像

   

【秋季本大会の結果】
一回戦 12日(水)11:30 ○8-0 駒大高 (8回コールド)
二回戦 16日(日)12:30 ○12-2 東大和南 (5回コールド)
三回戦 22日(土)10:00 ○4-1 創価 (延長13回)
準々決勝 29日(土)12:30 ○6-2 早大学院
準決勝 30日(日)12:30 vs ○7-0 日野 (7回コールド)
決  勝 11月3日(木)14:00 ●6-8 早実


画像

画像




【秋季一次予選結果】
9月10日(土)14:00 ○10−0 青稜 (6回コールド)
9月24日(土)11:00 ○15-1 王子総合(5回コールド)
会場:日大三高野球場


画像

【本大会ベンチ入りメンバー】
1 岡部 仁   (東京青山シニア/東京・和田中)
2 津原瑠斗  (長崎海星シニア/長崎・海星中)
3 金成麗生  (相模ボーイズ/神奈川・相陽中) 
4 大西 翔   (武蔵府中シニア/東京・日野四中)
5 井上大成  (相模ボーイズ/神奈川・南毛利中)
6 日置 航@  (上田南シニア/長野・上田二中)
7 比留間海斗 (友部シニア/茨城・岩間中)
8 櫻井周斗☆ (新座シニア/埼玉・所沢東中)
9 八木達也  (神奈川・大沢中・軟式)
10 田口仁平  (東京・上一色中・軟式)
11 山崎奨斗  (四日市ボーイズ/三重・内部中) 
12 高橋 遼   (東京城南ボーイズ/東京・清瀬三中)
13 佐藤拓海  (友部シニア/茨城・田彦中) 
14 長谷川央都 (小山ボーイズ/栃木・西方中) 
15 柳沢真平@ (東京練馬ボーイズ/東京・西台中)
16 金子 凌 @ (小山ボーイズ/栃木・三和中) 
17 溝口耕平   (藤沢シニア/神奈川・金旭中) 
18 中村奎太@ (千葉・八千代松陰中・軟式)
19 大塚晃平@ (相模ボーイズ/神奈川・座間二中) 
20 吉見樹之介 (世田谷ボーイズ/日大三中)
記録員:佐藤里音、山本友美子
主将:櫻井 副将:大西、比留間


画像
絵画館前イチョウ並木の両サイドに観戦に訪れた人が長蛇の列をなす。とくに左側の列は、青山通りで折り返して三重の列になっていました。当初、券売所が一か所しかなかったせいでもありますが、試合開始1時間前にやってきて、こんなところに並ぶのは初めての経験。試合開始までに入場できない、と一時は諦めかけたほどでした。




画像



記事へトラックバック / コメント


日野を7-0(7回コールド)で下し、決勝進出。

2016/10/31 21:05
画像


■2016秋季都大会準決勝 10月30日(日) 神宮第二球場
日  野 000 000 0=0 H2 E2 (7回コールド)
日大三 010 132 x=7 H6 E0

(三)櫻井−津原
(日)小林−樋口

[本塁打]金成(三)
[二塁打]金成、長谷川(三) 
[盗塁] 三高1

画像
    待ってました、金成くん! ライトのネット上段に突き刺さる特大3ラン。



【日  野】
画像

【日大三】
画像
        うすいブルーは左打者。丸数字は学年。とくに表記のないものは2年生。

        櫻井(三) 7回 被安打2 奪三振10 与四死球3 失点0
        小林(日) 6回 被安打6 奪三振2  与四死球8 失点7
      
画像
          連投の疲れを感じさせない櫻井くん、7回10K。


制球のいい日野のエース小林くんから四死球8コを選び、6安打ながら7得点。金成くんにも特大の一発が出て、7回コールドの快勝。久々の決勝進出を決めてくれました。一次予選を含め、ここまで不動のスタメンは1番サードの井上くんだけ。打順を変え、起用メンバーを変え、試行錯誤しながら新チームの“かたち”が出来あがってきたように思えます。育てながら勝ち、勝ちながら育てるのは容易なことではないと思いますが、小倉監督はじめ三木コーチ、白窪コーチの指導陣、そして何より選手の皆さんの頑張りがあったればこそでしょう。ベンチとスタンドの一体感や盛り上がりは、はたから見ていてもいい雰囲気。優勝まであとひとつ。ここまで来たら、スカッと決めちゃってください! 
      

【新聞から】
小倉監督の談話「長谷川、金成は思い切って振っていた。決勝は打たれたら打ち返すという気持ちでいきたい」(10月31日付け朝日新聞朝刊・東京面より)


【センバツへの道のり】
一回戦 12日(水)11:30 ○8-0 駒大高 (8回コールド)
二回戦 16日(日)12:30 ○12-2 東大和南 (5回コールド)
三回戦 22日(土)10:00 ○4-1 創価 (延長13回)
準々決勝 29日(土)12:30 ○6-2 早大学院
準決勝 30日(日)12:30 vs ○7-0 日野 (7回コールド)
決  勝 11月3日(木)14:00 vs 早実 (神宮球場)


【テレビ中継】
決勝戦の模様は、都内ケーブルテレビ5社(J:COM、ケーブルテレビ品川、ベイネット、TCN、イッツコム)の計24局のほか、スポーツ専門テレビ「J SPORTS」の「J SPORTS 1」および「J SPORTS オンデマンド」(PC/スマホ/タブレットでも視聴可)でも、生中継されます。

画像

画像


画像
            宮木元主将をはじめ3年生も熱烈応援!


【秋季一次予選結果】
9月10日(土)14:00 ○10−0 青稜 (6回コールド)
9月24日(土)11:00 ○15-1 王子総合(5回コールド)
会場:日大三高野球場


画像

【本大会ベンチ入りメンバー】
1 岡部 仁   (東京青山シニア/東京・和田中)
2 津原瑠斗  (長崎海星シニア/長崎・海星中)
3 金成麗生  (相模ボーイズ/神奈川・相陽中) 
4 大西 翔   (武蔵府中シニア/東京・日野四中)
5 井上大成  (相模ボーイズ/神奈川・南毛利中)
6 日置 航@  (上田南シニア/長野・上田二中)
7 比留間海斗 (友部シニア/茨城・岩間中)
8 櫻井周斗☆ (新座シニア/埼玉・所沢東中)
9 八木達也  (神奈川・大沢中・軟式)
10 田口仁平  (東京・上一色中・軟式)
11 山崎奨斗  (四日市ボーイズ/三重・内部中) 
12 高橋 遼   (東京城南ボーイズ/東京・清瀬三中)
13 佐藤拓海  (友部シニア/茨城・田彦中) 
14 長谷川央都 (小山ボーイズ/栃木・西方中) 
15 柳沢真平@ (東京練馬ボーイズ/東京・西台中)
16 金子 凌 @ (小山ボーイズ/栃木・三和中) 
17 溝口耕平   (藤沢シニア/神奈川・金旭中) 
18 中村奎太@ (千葉・八千代松陰中・軟式)
19 大塚晃平@ (相模ボーイズ/神奈川・座間二中) 
20 吉見樹之介 (世田谷ボーイズ/日大三中)
記録員:佐藤里音、山本友美子
主将:櫻井 副将:大西、比留間


【今後の主な予定】
11月3日(木)秋季本大会決勝
11月11日(金)〜15日(火)第47回明治神宮大会
12日(土)8:30 vs 静岡
14日(月)10:30 vs 福岡大大濠、作新学院、明徳義塾のいずれか
15日(火)10:30 vs 仙台育英、工大福井、札幌第一など



画像
                  いよいよ、お目覚め!
    “三高のデカプリオ”金成くん、ヒーロー・インタビューをうけております。
              





画像




記事へトラックバック / コメント


早大学院を6-2で下し、ベスト4進出。

2016/10/29 18:41
画像


■2016秋季都大会準々決勝 10月29日(土) 神宮第二球場
早大学院 200 000 000=2 H7 E0
日大三高 210 030 00x=6 H10 E0

(日)岡部、櫻井−津原
(早)内田、佐藤−浦野

[本塁打]井上、櫻井(日)
[二塁打]長谷川(日) 大石(早) 
[盗塁] 日1

画像
     一回裏、この秋4本目の本塁打で追撃ののろしを上げる井上くん。

【早大学院】
画像

【日大三高】
画像
うすいブルーは左打者。グリーンは両打ち。丸数字は学年。とくに表記のないものは2年生。打者間の二重線は投手交代機。

      岡部(日) 4回1/3 被安打6 奪三振2 与四死球2 失点2
      櫻井(日) 4回2/3 被安打1 奪三振6 与四死球1 失点0
      内田(早) 4回0/3 被安打9 奪三振1 与四死球3 失点4
      佐藤(早) 4回    被安打1 奪三振1 与四死球3 失点2

画像
               公式戦初先発となった岡部くん。
                 ちょっと固くなったかな?


【センバツへの道のり】
一回戦 12日(水)11:30 ○8-0 駒大高 (8回コールド)
二回戦 16日(日)12:30 ○12-2 東大和南 (5回コールド)
三回戦 22日(土)10:00 ○4-1 創価 (延長13回)
準々決勝 29日(土)12:30 ○6-2 早大学院
準決勝 30日(日)12:30 vs 日野 (神宮第二球場)
決  勝 11月3日(木)14:00 vs 早実×国士舘の勝者(神宮球場)

画像

画像


画像
          男子校・早大学院に可愛らしいチアガール登場w
                 青春を謳歌しとるなぁ。


【秋季一次予選結果】
9月10日(土)14:00 ○10−0 青稜 (6回コールド)
9月24日(土)11:00 ○15-1 王子総合(5回コールド)
会場:日大三高野球場


画像

【本大会ベンチ入りメンバー】
1 岡部 仁   (東京青山シニア/東京・和田中)
2 津原瑠斗  (長崎海星シニア/長崎・海星中)
3 金成麗生  (相模ボーイズ/神奈川・相陽中) 
4 大西 翔   (武蔵府中シニア/東京・日野四中)
5 井上大成  (相模ボーイズ/神奈川・南毛利中)
6 日置 航@  (上田南シニア/長野・上田二中)
7 比留間海斗 (友部シニア/茨城・岩間中)
8 櫻井周斗☆ (新座シニア/埼玉・所沢東中)
9 八木達也  (神奈川・大沢中・軟式)
10 田口仁平  (東京・上一色中・軟式)
11 山崎奨斗  (四日市ボーイズ/三重・内部中) 
12 高橋 遼   (東京城南ボーイズ/東京・清瀬三中)
13 佐藤拓海  (友部シニア/茨城・田彦中) 
14 長谷川央都 (小山ボーイズ/栃木・西方中) 
15 柳沢真平@ (東京練馬ボーイズ/東京・西台中)
16 金子 凌 @ (小山ボーイズ/栃木・三和中) 
17 溝口耕平   (藤沢シニア/神奈川・金旭中) 
18 中村奎太@ (千葉・八千代松陰中・軟式)
19 大塚晃平@ (相模ボーイズ/神奈川・座間二中) 
20 吉見樹之介 (世田谷ボーイズ/日大三中)
記録員:佐藤里音、山本友美子
主将:櫻井 副将:大西、比留間


【今後の主な予定】
11月3日(木)秋季本大会決勝
11月11日(金)〜15日(火)第47回明治神宮大会
12日(土)8:30 vs 東海地区代表校
14日(月)10:30 vs 九州・関東・四国地区代表校のいずれか
15日(火)10:30 vs 仙台育英、工大福井、札幌第一など



画像
                





画像




記事へトラックバック / コメント


延長十三回、創価を振り切りベスト8進出。

2016/10/23 21:51
画像


■2016秋季都大会三回戦 10月22日(土) ダイワハウススタジアム八王子
日大三 000 100 000 000 3=4 H10 E0
創  価 000 010 000 000 0=1 H7 E0

(創)菊地、工藤、上村−藤澤
(日)櫻井、岡部、櫻井−津原

[本塁打]櫻井(日)
[二塁打]溝口(日) 
[盗塁] 日2

画像
        延長13回表、試合を決定づける3ランを放った櫻井くん。

【日大三】
画像

【創  価】
画像
うすいブルーは左打者。丸数字は学年。とくに表記のないものは2年生。打者間の二重線は投手交代機。

      櫻井(日) 11回2/3 被安打5 奪三振11 与四死球5 失点1
      岡部(日) 1回1/3  被安打2 奪三振0  与四死球0 失点0
      菊地(創) 5回     被安打3 奪三振0  与四死球4 失点1
      工藤(創) 7回1/3  被安打7 奪三振3  与四死球1 失点3
      上村(創) 2/3回  被安打0 奪三振1  与四死球0 失点0

画像
          13回裏、三者空振り三振で試合を〆る櫻井くん。
          投打にわたる活躍でこの試合文句なしのMVP!


駒大高戦のあと、櫻井くんが「強豪との試合は我慢のしあいになる。しっかり抑えたい」とコメントし、小倉監督が「ランナーを出しても自分の投球ができるようになってきた」と言っていた通りの試合展開となりました。立ち上がり四球やワイルドピッチ×2などで二死二三塁のピンチを迎えますが、後続を三ゴで乗り切ると徐々にペースを戻し、制球は荒れ気味ながら球威ある直球と切れ味鋭い変化球で創価打線を抑え込みます。

先制したのは三高。四回表、先頭・日置くんがこの回になって急に制球がばらけだした創価先発・菊地くんからストレートの四球をもらって出塁。比留間くんは送りバント決まらず、ヒッティングに切り替え中飛。この試合5番に打順を下げた櫻井くんがライト前ヒットでつなぎ、一走・日置くん三塁へ。続く金成くんがライトに犠牲フライを放ち1−0(なんと金成くん本大会初打点。いつか爆発してくれると信じてます)。

続く五回表、先頭・溝口くんが右中間への二塁打で出塁し絶好のチャンスを迎えますが、ここも続く津原くんがバントで送れず、ヒッティングに切り替え三邪飛。しかし、打順トップに戻って井上くん四球、大西くん四球で一死満塁の絶好のチャンス。クリーンナップを迎え、ここぞの期待が募りましたが、日置くん中直、比留間くん三飛で逸機。このあと10回、13回にもバントが決らず凡退となったケースが2度。攻撃のリズムがうまくつくれず、今後に課題を残しました。

試合が動き出した五回裏、創価の攻撃。先頭・近内くんが振り逃げで出塁(櫻井くんの変化球が切れ味よすぎて、打者もバットを当てられませんが、津原くんもワンバンを抑えられず)。続く陶山くんのレフト前ヒットでエンドランを決められ、無死一三塁。9番村田くんの遊ゴ併殺崩れの間に三走が帰り、5回を終わって1−1の振り出しに。

六回表から創価はエース工藤くんがリリーフ。コーナーへの制球がよく、変化球(スライダー?)もグィっと曲がってくる。その工藤くんから三高は七回に二死三塁をかたちをつくるもののものにできず、先攻の三高としては終盤を迎えて嫌なムード。

八回裏、二死二三塁のピンチで三高はエース岡部くんをリリーフに送り後続をピシャリ。しかし、九回表の攻撃は三者凡退に終わり、延長を視野に入れざるを得ない状況に。九回裏、先頭バッター仁木くんに左安で出塁を許してしまいます。三高の送りバントは決まりませんが、創価のバントはことごとく決まり、ここも送られサヨナラのピンチ。8番陶山くん右飛で二死二塁。迎えたバッターは創価エースの工藤くん。カウント2−2からの打球はライト前に。どきり。

二走がサードを回るとライト八木くんが冷静にホームへストライク送球、ゆうゆうの補殺!

「強打の」という定冠詞をつけて呼ばれることの多い三高ですが、今度のチームは守り勝つこともできるチームになっているのが強みと言えるのかもしれません。八、九、十回裏と3イニング連続で先頭バッターの出塁を許しながらしのぎ切り(三高スタンドの引退した三年生からは、各ポジションに檄も飛んでいたそう)、守りから攻撃のリズムをつくります。

そして、十三回表の櫻井くんのライト方向への3ラン。芝上段の通路あたりで跳ねて場外に消えてゆきました。

画像
                (youtubeにアップされていた動画から)

この場面、youtubeに動画がアップされていました。臙脂関係の方が上げてくださったようです。このほか、twitterやネット散策をするといい写真があっちこっち上ってました。たとえば、「FC町田ゼルビア放送局」さん。皆さん、ありがとうございます!          

【センバツへの道のり】
一回戦 12日(水)11:30 ○8-0 駒大高 (8回コールド)
二回戦 16日(日)12:30 ○12-2 東大和南 (5回コールド)
三回戦 22日(土)10:00 ○4-1 創価 (延長13回)
準々決勝 29日(土)12:30 vs 早大学院 (神宮第二球場)
準決勝 30日(日)12:30 vs 日野×八王子の勝者 (神宮第二球場)
決  勝 11月3日(木)14:00 vs 関東一×早実、国士舘×城西のいずれか
                   (神宮球場)

※11月3日の決勝が、東京六大学の優勝決定戦と重なった場合は11:00試合開始に変更。

画像

画像


試合終了後、広島・苑田チーフスカウトの指名挨拶を受ける小倉監督と坂倉くん(坂倉くんは苑田さんの頭に隠れて見えませんがw)。
画像
             「どうぞ、よろしくお願いいたします」


【秋季一次予選結果】
9月10日(土)14:00 ○10−0 青稜 (6回コールド)
9月24日(土)11:00 ○15-1 王子総合(5回コールド)
会場:日大三高野球場


【本大会ベンチ入りメンバー】
1 岡部 仁   (東京青山シニア/東京・和田中)
2 津原瑠斗  (長崎海星シニア/長崎・海星中)
3 金成麗生  (相模ボーイズ/神奈川・相陽中) 
4 大西 翔   (武蔵府中シニア/東京・日野四中)
5 井上大成  (相模ボーイズ/神奈川・南毛利中)
6 日置 航@  (上田南シニア/長野・上田二中)
7 比留間海斗 (友部シニア/茨城・岩間中)
8 櫻井周斗☆ (新座シニア/埼玉・所沢東中)
9 八木達也  (神奈川・大沢中・軟式)
10 田口仁平  (東京・上一色中・軟式)
11 山崎奨斗  (四日市ボーイズ/三重・内部中) 
12 高橋 遼   (東京城南ボーイズ/東京・清瀬三中)
13 佐藤拓海  (友部シニア/茨城・田彦中) 
14 長谷川央都 (小山ボーイズ/栃木・西方中) 
15 柳沢真平@ (東京練馬ボーイズ/東京・西台中)
16 金子 凌 @ (小山ボーイズ/栃木・三和中) 
17 溝口耕平   (藤沢シニア/神奈川・金旭中) 
18 中村奎太@ (千葉・八千代松陰中・軟式)
19 大塚晃平@ (相模ボーイズ/神奈川・座間二中) 
20 吉見樹之介 (世田谷ボーイズ/日大三中)
記録員:佐藤里音、山本友美子
主将:櫻井 副将:大西、比留間


【今後の主な予定】
11月3日(木)秋季本大会決勝
11月11日(金)〜15日(火)第47回明治神宮大会



                坂倉くん、おめでとう!
画像
               (10月21日付朝日新聞・東京面より)





画像




記事へトラックバック / コメント


本塁打4発で圧勝、ベスト16進出。

2016/10/17 21:31
画像


■2016秋季都大会二回戦 10月16日(日) 神宮第二球場
東大和南 000 20 =0  H1  E3 (5回コールド)
日大三高 132 24x=12 H11 E0

(日)田口、岡部−津原
(東)福島、山本、矢吹−小松

[本塁打]井上2、比留間、津原(日)
[二塁打]比留間(日) 
[盗塁] 日2

画像
  二回、三回と2打席連続本塁打を放つ井上くん。3打数3安打5打点の活躍。


【東大和南】
画像

【日大三高】
画像
うすいブルーは左打者。丸数字は学年。とくに表記のないものは2年生。打者間の二重線は投手交代機。

田口(日) 3回1/3 被安打1 奪三振6 与四死球3 失点1
岡部(日) 1回2/3 被安打0 奪三振1 与四死球1 失点1
福島(東) 2回    被安打3 奪三振0 与四死球5 失点4
山本(東) 2回2/3 被安打7 奪三振0 与四死球1 失点7
矢吹(東) 0/3回  被安打1 奪三振0 与四死球0 失点1

画像

三回まで毎回の6奪三振と好調だった先発・田口くんでしたが、四回表、先頭バッターにヒットを許したところから突如制球を乱し、押し出しで1点を献上。急遽、岡部くんが一死満塁の場面でリリーフに立ちますが、初球デッドボールでさらに1点。この回さえなければ言うことなしだったのですが・・・、とまぁ王子総合戦に続いてホームラン4発の圧勝にも、まだまだ欲をかく管理人であります。

三回戦は、投打にバランスのとれた好チームと評判の創価との対戦となりました。この夏のベスト4同士の対戦。「八王子は遠い」などと言わず、オールドファンの皆さんも応援よろしくお願いいたします。


【新聞から】
画像
            (10月17日付毎日新聞・東京面より)


【センバツへの道のり】
一回戦 12日(水)11:30 ○8-0 駒大高 (8回コールド)
二回戦 16日(日)12:30 ○12-2 東大和南 (5回コールド)
三回戦 22日(土)10:00 vs 創価 (ダイワハウススタジアム八王子)
準々決勝 29日(土)12:30 vs 早大学院×東海大高輪台の勝者
                 (神宮第二球場)
準決勝 30日(日)12:30 vs 東京実×日野、八学×帝京のいずれか
                  (神宮第二球場)
決  勝 11月3日(木)14:00 vs 東海大菅生、関東一、早実、国士舘、城東など
                   (神宮球場)

※11月3日の決勝が、東京六大学の優勝決定戦と重なった場合は11:00試合開始に変更。

画像

画像


画像
櫻井-岡部-津原のセンターライン。岡部くんは今大会初登板。ほかに柳澤くんが公式戦初スタメン、金子くんが公式戦初起用となりました。


【秋季一次予選結果】
9月10日(土)14:00 ○10−0 青稜 (6回コールド)
9月24日(土)11:00 ○15-1 王子総合(5回コールド)
会場:日大三高野球場


【本大会ベンチ入りメンバー】
1 岡部 仁   (東京青山シニア/東京・和田中)
2 津原瑠斗  (長崎海星シニア/長崎・海星中)
3 金成麗生  (相模ボーイズ/神奈川・相陽中) 
4 大西 翔   (武蔵府中シニア/東京・日野四中)
5 井上大成  (相模ボーイズ/神奈川・南毛利中)
6 日置 航@  (上田南シニア/長野・上田二中)
7 比留間海斗 (友部シニア/茨城・岩間中)
8 櫻井周斗☆ (新座シニア/埼玉・所沢東中)
9 八木達也  (神奈川・大沢中・軟式)
10 田口仁平  (東京・上一色中・軟式)
11 山崎奨斗  (四日市ボーイズ/三重・内部中) 
12 高橋 遼   (東京城南ボーイズ/東京・清瀬三中)
13 佐藤拓海  (友部シニア/茨城・田彦中) 
14 長谷川央都 (小山ボーイズ/栃木・西方中) 
15 柳沢真平@ (東京練馬ボーイズ/東京・西台中)
16 金子 凌 @ (小山ボーイズ/栃木・三和中) 
17 溝口耕平   (藤沢シニア/神奈川・金旭中) 
18 中村奎太@ (千葉・八千代松陰中・軟式)
19 大塚晃平@ (相模ボーイズ/神奈川・座間二中) 
20 吉見樹之介 (世田谷ボーイズ/日大三中)
記録員:佐藤里音、山本友美子
主将:櫻井 副将:大西、比留間



【今後の主な予定】
11月3日(木)秋季本大会決勝
11月11日(金)〜15日(火)第47回明治神宮大会









画像





記事へトラックバック / コメント


櫻井投手8回13Kで完封。駒大高を下す。

2016/10/13 20:08
画像


■2016秋季都大会一回戦 10月12日(水) ダイワハウススタジアム八王子
日大三 000 100 25=8  H10 E1 (8回コールド)
駒大高 000 000 00=0  H3 E4

(駒)吉田永−川光
(日)櫻井−津原

[二塁打]比留間、大西、日置(三) 佐久間(駒)
[盗塁] 駒大高1

櫻井(日大三) 8回 被安打3  奪三振13 与四死球1 失点0
吉田(駒大高) 8回 被安打10 奪三振7  与四死球5 失点8

画像
         櫻井くん、8回13奪三振の好投。津原くんも好リード。

【日大三高】
画像

【駒大高】
画像
   うすいブルーは左打者。丸数字は学年。とくに表記のないものは2年生。

駒大高・吉田(永)投手、三高・櫻井投手の両先発左腕の投げ合いで、互いに三者凡退を重ねる静かな序盤戦。均衡が破れたのは四回表。ショートゴロエラーで二塁まで進んだ比留間くんを塁上に置き、5番・日置くんがセンター前に痛烈なタイムリーを放ち、1-0。一挙に畳み掛けたいところでしたが、適度に荒れつつも時に三球勝負に出るなど強気の投球を続ける駒大高・吉田投手を前に、あと一本が出ない三高打線。櫻井くんの好投で駒大高打線を抑え込んではいたものの、最少得点差のまま終盤に向かう試合となりました。

終盤になって球威に衰えが見え始めた吉田投手をようやく捉え、結果的に8回コールドとなりましたが、駒大高に信頼できるリリーフがいれば果たしてどうなっていたか。三回表、五回表の満塁の好機を仕留めていればもっと楽な展開になったんだけどなぁ……と完勝の内容にも欲をかく管理人であります。

画像

この試合、打の殊勲賞は日置くん。先制のタイムリー、コールドを決める2点タイムリーなど4打数2安打4打点の活躍。5回表2死満塁での大飛球(レフトの佐久間くんが好捕)も惜しい一打。

【新聞から】
「冷静さ心がけ好投」……日大三の先発・桜井周斗投手(2年)が13奪三振の好投を見せた。今夏の西東京大会準決勝で先発したが、ゲームをつくれずチームは敗退。その悔しさから夏休みの練習では1日120球、コースに投げ分ける投球を重ねてきた。この日は六回まで1-0でリードはわずか1点。「大量リードよりも、むしろ気持ちが引き締まる」と冷静な投球を心がけ、直球とキレのあるスライダーで三振の山を築いた。「強豪校とは我慢の試合になる。しっかり抑えたい」と意気込んだ。(10月13日付け毎日新聞朝刊・東京面より)

「日大三がコールド勝ち!最速143キロ左腕・桜井8回13K完封」(デイリースポーツ)

【センバツへの道のり】
一回戦 12日(水)11:30 ○8-0 駒大高 (8回コールド)
二回戦 16日(日)12:30 vs 東大和南 (神宮第二球場)
三回戦 22日(土)10:00 vs 創価×日本ウェルネスの勝者
                 (ダイワハウススタジアム八王子)
準々決勝 29日(土)12:30 vs 早大学院、東海大高輪台、文京など
                 (神宮第二球場)
準決勝 30日(日)12:30 vs 修徳、日野、八学、雪谷、二松、帝京など
                 (神宮第二球場)
決  勝 11月3日(木)14:00 vs 東海大菅生、関東一、早実、国士舘、堀越
                 城東など(神宮球場)

※11月3日の決勝が、東京六大学の優勝決定戦と重なった場合は11:00試合開始に変更。

画像



【秋季一次予選結果】
9月10日(土)14:00 ○10−0 青稜 (6回コールド)
9月24日(土)11:00 ○15-1 王子総合(5回コールド)
会場:日大三高野球場


【本大会ベンチ入りメンバー】
1 岡部 仁   (東京青山シニア/東京・和田中)
2 津原瑠斗  (長崎海星シニア/長崎・海星中)
3 金成麗生  (相模ボーイズ/神奈川・相陽中) 
4 大西 翔   (武蔵府中シニア/東京・日野四中)
5 井上大成  (相模ボーイズ/神奈川・南毛利中)
6 日置 航@  (上田南シニア/長野・上田二中)
7 比留間海斗 (友部シニア/茨城・岩間中)
8 櫻井周斗☆ (新座シニア/埼玉・所沢東中)
9 八木達也  (神奈川・大沢中・軟式)
10 田口仁平  (東京・上一色中・軟式)
11 山崎奨斗  (四日市ボーイズ/三重・内部中) 
12 高橋 遼   (東京城南ボーイズ/東京・清瀬三中)
13 佐藤拓海  (友部シニア/茨城・田彦中) 
14 長谷川央都 (小山ボーイズ/栃木・西方中) 
15 柳沢真平@ (東京練馬ボーイズ/東京・西台中)
16 金子 凌 @ (小山ボーイズ/栃木・三和中) 
17 溝口耕平   (藤沢シニア/神奈川・金旭中) 
18 中村奎太@ (千葉・八千代松陰中・軟式)
19 大塚晃平@ (相模ボーイズ/神奈川・座間二中) 
20 吉見樹之介 (世田谷ボーイズ/日大三中)
記録員:佐藤里音、山本友美子
主将:櫻井 副将:大西、比留間


画像
                 禁止によって需要が生まれ、
         そこにはびこる者が生まれるのは不幸なことですね。
                  (写真はイメージです)


【今後の主な予定】
11月3日(木)秋季本大会決勝
11月11日(金)〜15日(火)第47回明治神宮大会









画像





記事へトラックバック / コメント


初戦・駒大高戦は、雨天により12日に延期。

2016/10/03 18:25
9日に予定されていた一回戦は、雨天のため12日(水)に延期されました。
試合開始時間、会場は変更なし。


画像


【センバツへの道のり】
一回戦 12日(水)11:30 vs 駒大高(ダイワハウススタジアム八王子)
二回戦 16日(日)12:30 vs 戸山×東大和南の勝者(神宮第二球場)
三回戦 22日(土)10:00 vs (創価×江戸川)×日本ウェルネスのいずれか
                 (ダイワハウススタジアム八王子)
準々決勝 29日(土)12:30 vs 早大学院、東海大高輪台、文京など
                 (神宮第二球場)
準決勝 30日(日)12:30 vs 修徳、日野、八学、雪谷、二松、帝京など
                 (神宮第二球場)
決  勝 11月3日(木)14:00 vs 東海大菅生、関東一、早実、国士舘、堀越
                 城東など(神宮球場)

※11月3日の決勝が、東京六大学の優勝決定戦と重なった場合は11:00試合開始に変更。



【秋季一次予選結果】
9月10日(土)14:00 ○10−0 青稜 (6回コールド)
9月24日(土)11:00 ○15-1 王子総合(5回コールド)
会場:日大三高野球場


【本大会ベンチ入りメンバー】
1 岡部 仁   (東京青山シニア/東京・和田中)
2 津原瑠斗  (長崎海星シニア/長崎・海星中)
3 金成麗生  (相模ボーイズ/神奈川・相陽中) 
4 大西 翔   (武蔵府中シニア/東京・日野四中)
5 井上大成  (相模ボーイズ/神奈川・南毛利中)
6 日置 航@  (上田南シニア/長野・上田二中)
7 比留間海斗 (友部シニア/茨城・岩間中)
8 櫻井周斗☆ (新座シニア/埼玉・所沢東中)
9 八木達也  (神奈川・大沢中・軟式)
10 田口仁平  (東京・上一色中・軟式)
11 山崎奨斗  (四日市ボーイズ/三重・内部中) 
12 高橋 遼   (東京城南ボーイズ/東京・清瀬三中)
13 佐藤拓海  (友部シニア/茨城・田彦中) 
14 長谷川央都 (小山ボーイズ/栃木・西方中) 
15 柳沢真平@ (東京練馬ボーイズ/東京・西台中)
16 金子 凌 @ (小山ボーイズ/栃木・三和中) 
17 溝口耕平   (藤沢シニア/神奈川・金旭中) 
18 中村奎太@ (千葉・八千代松陰中・軟式)
19 大塚晃平@ (相模ボーイズ/神奈川・座間二中) 
20 吉見樹之介 (世田谷ボーイズ/日大三中)

主将:櫻井 副将:大西、比留間


【今後の主な予定】
10月8日(土)秋季本大会開幕
11月3日(木)秋季本大会決勝
11月11日(金)〜15日(火)第47回明治神宮大会









画像





記事へトラックバック / コメント


本塁打4発の猛攻で王子総合を破る。

2016/09/25 18:16
画像


■2016秋季都大会一次予選 9月24日(土) 三高G
王子総合  0 10 00=0  H3 E0 (5回コールド)
日大三高 10 00 5x=15 H11 E0

(三)櫻井−津原
(王)岡田、鈴木−遠藤

[本]井上、金成、櫻井、溝口(三) 
[三]
[二]八木、井上(三) 山合(王)
盗塁 三高2 王子1

櫻井(三高) 5回   被安打3 奪三振4 与四死球3 失点1
岡田(王子) 2/3回 被安打5 奪三振0 与四死球4 失点8
鈴木(王子) 3回1/3 被安打6 奪三振1 与四死球3 失点7 

【王子総合】
画像

【日大三】
画像
うすいブルーは左打者。丸数字は学年。とくに表記のないものは2年生。打者間の二重線は投手交代機。


三高は、初回から先頭・井上くんのソロ、金成くんの満塁弾、八木くんのツーベース、櫻井くんの2ランなど打者一巡の猛攻で一挙10点。午後から雨との天気予報のなか、早々と試合を決めました。四回裏にも2試合連続となる溝口くんの2ランが飛び出し、全11安打中、本塁打4、二塁打2の長打攻勢となりました。

一方、5回を完投した櫻井くんは二回表、先頭4番の遠藤くんに四球を与えると、続く5番山合くんにセンターオーバーの二塁打を許し、無死二、三塁。6番徳山くんの空振りスイングがキャッチャー津原くんのミットが当たり、打撃妨害となって無死満塁。このピンチを次打者・鈴木くんのサードゴロの間の1点に抑え、都合3安打1失点にまとめました。こまかいコントロールが今後の課題かもしれません。

スコアボードの上の時計、いつ設置されたんだろう? 前はなかったと思うのだけれど。

画像


【秋季一次予選結果】
9月10日(土)14:00 ○10−0 青稜 (6回コールド)
9月24日(土)11:00 ○15-1 王子総合(5回コールド)
会場:日大三高野球場

画像
連日の雨の中の試合とあって、外野の芝も荒れ気味。三高の試合の後、タイミングを見計らったかのように降り出した雨で、農大一×高島戦は中止となりました(25日に再々々々延期となって、結果3-0で高島がC代表に)。


【一次予選ベンチ入りメンバー】
1 岡部 仁   (東京青山シニア/東京・和田中)
2 津原瑠斗  (長崎海星シニア/長崎・海星中)
3 金成麗生  (相模ボーイズ/神奈川・相陽中) 
4 大西 翔   (武蔵府中シニア/東京・日野四中)
5 井上大成  (相模ボーイズ/神奈川・南毛利中)
6 日置 航@  (上田南シニア/長野・上田二中)
7 比留間海斗 (友部シニア/茨城・岩間中)
8 櫻井周斗☆ (新座シニア/埼玉・所沢東中)
9 八木達也  (神奈川・大沢中・軟式)
10 田口仁平  (東京・上一色中・軟式)
11 山崎奨斗  (四日市ボーイズ/三重・内部中) 
12 高橋 遼   (東京城南ボーイズ/東京・清瀬三中)
13 佐藤拓海  (友部シニア/茨城・田彦中) 
14 長谷川央都 (小山ボーイズ/栃木・西方中) 
15 柳沢真平@ (東京練馬ボーイズ/東京・西台中)
16 金子 凌 @ (小山ボーイズ/栃木・三和中) 
17 溝口耕平   (藤沢シニア/神奈川・金旭中) 
18 中村奎太@ (千葉・八千代松陰中・軟式)
19 木下 颯    (江戸川南ボーイズ/東京・麹町中) 
20 吉見樹之介 (世田谷ボーイズ/日大三中)

主将:櫻井 副将:大西、比留間


【今後の主な予定】
10月3日(月)秋季本大会組み合わせ抽選会
10月8日(土)秋季本大会開幕
11月3日(木)秋季本大会決勝
11月11日(金)〜15日(火)第47回明治神宮大会


■「甲子園に吹奏楽部 ルーツ日大三高?」余話
先日、甲子園でのブラバン応援は三高が始めた? という朝日新聞の記事をご覧になったEさんから、当時のブラバン応援にかかわる貴重なお写真をお寄せいただきました。それは、ブラバンの応援は球場ばかりではなく、宿舎でも行われていたという、すごい写真。宿舎の方もよく許して下さったものですね(笑)

画像

アルバムのメモには「若林先生 宿舎にて激励演奏 昭和27年夏 甲子園 小西旅館」とあります。若林先生とは、新聞記事でも紹介されていた若林文先生。当時は男子校の三高。当然、吹奏楽部も男子ばかり。写真を見ると太鼓も叩いてドガチャカやったみたいです(笑)

Eさんによれば、若林先生は「武骨な男子校に舞い降りた鶴のような優雅で気品のある方だった」「しかし、授業では悪童共に容赦なく美声で叱咤されていた」そうです。

小西旅館は、国鉄「甲子園口」駅と阪神「甲子園」駅の中間にあった旅館とのこと。現在、甲子園出場の際の旅館は東京都高野連の指定旅館・ホテルを東・西東京代表が変わり番こに使うかたちになっていますが、当時は出場校が独自に手配していたそう。当然、貸し切りで、そうであったからこそできたのでしょう。それにしても、当時の学園の応援熱はすごいですね。

画像
左端の濱谷先生は、のちの校長先生。その右隣りに三高歴代No.1左腕の呼び声もある若杉さん(日大→近鉄、のち三高野球部監督)、バッテリーを組んだ小島さん、福井主将の野球部メンバー。

画像
甲子園から小西旅館まで歩いて移動する吹奏楽部の皆さん。周囲はまだ草深い郊外といった風情。

画像
三高の熱い応援をリードしたのは、なんと言ってもこの方、鎌田彦一理事長。鎌田先生の指笛応援は三高スタンドの名物でした(昭和27年夏、甲子園で)。

画像
                 朝日新聞・9月3日付夕刊より






画像





記事へトラックバック / コメント


王子総合戦、24日(土)11:00に再々延期。

2016/09/23 13:46
天候不順のため、19日(月)から22日に再延期されていた第17ブロックBの代表決定戦(vs王子総合戦)は、雨天のためさらに24日(土)11:00に再々延期されました。明日の天気予報にも晴れマークはなく、今日の雨でグラウンド状態の回復も心配されますが、今度こそなんとか試合ができますように。

画像


【秋季一次予選日程】
9月10日(土)14:00 ○10−0 青稜 (6回コールド)
9月24日(土)11:00 vs 王子総合
会場:日大三高野球場


【一次予選ベンチ入りメンバー】
1 岡部 仁   (東京青山シニア/東京・和田中)
2 津原瑠斗  (長崎海星シニア/長崎・海星中)
3 金成麗生  (相模ボーイズ/神奈川・相陽中) 
4 大西 翔   (武蔵府中シニア/東京・日野四中)
5 井上大成  (相模ボーイズ/神奈川・南毛利中)
6 日置 航@  (上田南シニア/長野・上田二中)
7 比留間海斗 (友部シニア/茨城・岩間中)
8 櫻井周斗☆ (新座シニア/埼玉・所沢東中)
9 八木達也  (神奈川・大沢中・軟式)
10 田口仁平  (東京・上一色中・軟式)
11 山崎奨斗  (四日市ボーイズ/三重・内部中) 
12 高橋 遼   (東京城南ボーイズ/東京・清瀬三中)
13 佐藤拓海  (友部シニア/茨城・田彦中) 
14 長谷川央都 (小山ボーイズ/栃木・西方中) 
15 柳沢真平@ (東京練馬ボーイズ/東京・西台中)
16 金子 凌 @ (小山ボーイズ/栃木・三和中) 
17 溝口耕平   (藤沢シニア/神奈川・金旭中) 
18 中村奎太@ (千葉・八千代松陰中・軟式)
19 木下 颯    (江戸川南ボーイズ/東京・麹町中) 
20 吉見樹之介 (世田谷ボーイズ/日大三中)

主将:櫻井 副将:大西、比留間


【今後の主な予定】
10月3日(月)秋季本大会組み合わせ抽選会
10月8日(土)秋季本大会開幕
11月3日(木)秋季本大会決勝
11月11日(金)〜15日(火)第47回明治神宮大会



                ■小枝守監督インタビュー
画像
                 (毎日新聞9月22日付朝刊より)





画像




記事へトラックバック / コメント


中村投手1安打完封。10-0で青稜を下す。

2016/09/11 04:55
19日(月)に予定されていた第17ブロックBの代表決定戦(vs王子総合戦)は、雨天のため22日(木・祝)11:00に再延期されました。週間天気予報をみると、台風16号が通り過ぎたあとも引き続きぐずついた空模様が予想されていますが・・・。なんとか天気が回復しますように。


■2016秋季都大会一次予選 9月10日(土) 三高G
青  稜 000 000=0   H1  E1 (6回コールド)
日大三 024 121x=10 H13  E1

(三)中村−高橋
(青)佐々木−大石

[本]溝口、比留間(三) 
[三]金成(三)
[二]櫻井、高橋、比留間、中村(三)
盗塁 三高7 青稜1

中村(日大三) 6回 被安打1 奪三振8 与四死球2 失点0

画像


【青稜】
画像

【日大三】
画像


画像


【秋季一次予選日程】
9月10日(土)14:00 ○10−0 青稜 (6回コールド)
9月22日(木・祝)11:00 vs 王子総合
※当初18日に予定されていた第17ブロックB代表決定戦は、11日の試合がグラウンド不良で延期された影響で、翌19日にスライドされました。
会場:日大三高野球場



【一次予選ベンチ入りメンバー】
1 岡部 仁   (東京青山シニア/東京・和田中)
2 津原瑠斗  (長崎海星シニア/長崎・海星中)
3 金成麗生  (相模ボーイズ/神奈川・相陽中) 
4 大西 翔   (武蔵府中シニア/東京・日野四中)
5 井上大成  (相模ボーイズ/神奈川・南毛利中)
6 日置 航@  (上田南シニア/長野・上田二中)
7 比留間海斗 (友部シニア/茨城・岩間中)
8 櫻井周斗☆ (新座シニア/埼玉・所沢東中)
9 八木達也  (神奈川・大沢中・軟式)
10 田口仁平  (東京・上一色中・軟式)
11 山崎奨斗  (四日市ボーイズ/三重・内部中) 
12 高橋 遼   (東京城南ボーイズ/東京・清瀬三中)
13 佐藤拓海  (友部シニア/茨城・田彦中) 
14 長谷川央都 (小山ボーイズ/栃木・西方中) 
15 柳沢真平@ (東京練馬ボーイズ/東京・西台中)
16 金子 凌 @ (小山ボーイズ/栃木・三和中) 
17 溝口耕平   (藤沢シニア/神奈川・金旭中) 
18 中村奎太@ (千葉・八千代松陰中・軟式)
19 木下 颯    (江戸川南ボーイズ/東京・麹町中) 
20 吉見樹之介 (世田谷ボーイズ/日大三中)

主将:櫻井 副将:大西、比留間


【今後の主な予定】
10月3日(月)秋季本大会組み合わせ抽選会
10月8日(土)秋季本大会開幕
11月3日(木)秋季本大会決勝
11月11日(金)〜15日(火)第47回明治神宮大会



■同窓会誌「星ヶ丘」創刊号、発刊
準備号に続き、同窓会誌「星ヶ丘」が発刊されました。アメフトの漆間先生インタビュー、関根優一(潤三)×根本穣介(陸夫)さんの「2世対談」、東京学芸大からBCリーグ「福島ホープス」に進んだ宮之原健さんのインタビューなど、盛りだくさん。
画像




■甲子園ブラバン応援のルーツは三高?
画像
                 朝日新聞・9月3日付夕刊より





画像




記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

日本大学第三高等学校硬式野球部応援団TOPICS/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる