浦学を5-2で下し、12年ぶり決勝進出。

17日に予定されていた決勝は、雨天のため18日に順延されました。(11/17更新)


画像
          3ランを放ち、ホームに生還するニコニコ顔の菅沼君。ナイス!

■11月16日(火)明治神宮大会準決勝 神宮球場 晴れ
浦和学院 000 000 101=2 H7 E0 
日大三高 000 400 01x=5 H6 E2

(三) 吉永-鈴木
(浦) 佐藤、中山-森

本塁打:菅沼(三) 
二塁打:石橋2、日高(浦) 畔上(三)
盗塁:日高(浦) 清水、谷口2(三)

吉永 9回 打者36 被安打7 与四死球1 奪三振7 失点2 自責点1
佐藤 5回 打者22 被安打4 与四死球5 奪三振2 失点4 自責点4
中山 3回 打者11 被安打2 与四死球1 奪三振2 失点1 自責点1

【浦和学院】 1回_2回_3回_4回_5回_6回_7回_8回_9回
1(投左)佐藤 左安   遊ゴ併殺     三振     三ゴ   
2(右)柴田  犠打     三振     遊ゴ       
 投_中山                              左飛
3(遊)小林  中飛         二直     三振     三振    
4(三)沼田  三振         三ゴ     右飛     右直
5(一)日高      右安     遊ゴ     右飛         左2
6(中)石橋    遊ゴ二盗        四球     左2     右2
7(捕)森        三振         三邪飛  一ゴ失①    三振 
8(左)笹川      三ゴ         左安     中直     遊ゴ①
9(二)遠藤          左安     二ゴ失    遊ゴ    
 打_明石                                  二飛

【日大三高】 1回_2回_3回_4回_5回_6回_7回_8回
1(右)高山  三振   二直併殺    左飛     投ゴ
2(左)谷口  遊ゴ       三安二盗 遊安二盗  三振  
3(中)畔上  遊飛         四球  四球        右2
4(三)横尾     一邪飛     四球  中飛        中安 
5(一)金子    四球二盗  投直併殺     三振    遊ゴ併殺①
6(遊)清水      中直     右安①     四球    一ゴ
7(二)菅沼      三ゴ     左本③     二飛    
8(投)吉永          三ゴ 遊ゴ      遊飛 
9(捕)鈴木          四球      三振    三直  

4回裏、2番谷口君がサード内野安打で出塁し二盗。ここまでノーヒットに抑えられていた三高にようやくチャンス到来。3番畔上君、4番横尾君が四球を選び無死満塁。5番金子君の当たりはピッチャーライナー。浦学エース佐藤君よく反応してキャッチ、三塁転送でゲッツー。二死一二塁となったものの6番清水君がライト前タイムリーを放って先制。さらに7番菅沼君が佼成学園戦以来となるレフトへの3ランで一挙4点。試合の主導権を握った三高は、8回裏にも併殺崩れの間に1点を追加し、エース吉永君が要所を抑える力投で浦学の反撃を終盤の2点にとどめ、5-2で秋の関東覇者を下しました。

ニッカンスポーツ:日大三・菅沼3ラン、吉永完投
スポニチ:菅沼が意地の3ラン!日大三が初Vへ王手

この試合の結果、明日は第一試合で大垣日大を4-2で下した鹿児島実業と秋の日本一をかけて決勝を行うこととなりました。鹿児島実業は小柄なエース左腕の野田君を含め、夏の甲子園メンバーが複数残る投打にバランスのいい好チームと聞きます。今季の三高・畔上組は、ちょっと近年のカラーとは一味違う不思議な勝ち味のチームのように思えますが、明日は今年最後の公式戦、「これがベスト!」というゲーム運びで、この一年を締めくくってほしいものであります。


                     必勝!



■優勝への道のり
二回戦 14日 ○7-1北海
準決勝 16日 ○5-2浦和学院
決  勝 18日10時30分~ vs 鹿児島実業
*17日に予定されていた試合は雨天のため、18日に順延されました。
*鹿児島実業とは公式戦初対戦。ちょっと意外でしたが、浦和学院とも公式戦初対戦でした。

トーナメント表(日本学生野球協会)


画像

画像


         あとひとつ! GO!GO! 三黌健児!