日本大学第三高等学校硬式野球部応援団TOPICS

アクセスカウンタ

zoom RSS 春季都大会組み合わせ決まる。

<<   作成日時 : 2017/02/26 19:46   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2月26日、春季都大会の組み合わせ抽選が行われ、一次予選および本大会の組み合わせが発表されました。第2シードの三高はヤグラの右下。4月5日(水)の二回戦からの登場となります。

画像

会場はすべて神宮第二球場。決勝を除き、すべて第2試合。おなじ日程、同じ球場の第1試合は早実が上がってくる可能性が高く、四回戦あたりから球場はだいぶ混み合いそうです。27日付のスポニチの報道によれば、昨秋決勝が未曾有の混雑となったことから、今夏の大会では準決勝、決勝に関して前売りを検討するとのことですが、神宮よりキャパのない神宮第二での春の大会から実施したほうがよいのでは。センバツの結果次第では、昨秋以上の混乱になるのではないかと、今から心配です。
なお、春の大会から中学生の入場は無料になったとのことです。

【春季都大会優勝までの道のり】
二回戦 4月5日(水)12:30 vs 目黒学院×24B代表校
三回戦 4月7日(金)12:30 vs 文京、修徳ほか
四回戦 4月9日(日)12:30 vs 東海大菅生、錦城学園ほか
準々決勝 15日(土)12:30 vs 早大学院、城東、二松學舎ほか
準決勝 22日(土)12:30 vs 日野、城西、日大二、帝京、日大鶴、佼成ほか
決 勝 23日(日)11:00 vs 早実、国士舘、八王子、関東一、創価ほか

三回戦を勝ち上がったところで、夏のシード権を獲得。優勝校・準優勝校は、5月に茨城で行われる関東大会出場が決まります。

準々決勝までの組み合わせを拡大すると……

画像

順当に行けば、9日(日)に予定されている四回戦で、昨夏、準決勝で対戦し敗れた東海大菅生との対戦が予想されますが、三高OB・中島助監督のいる錦城学園、文京、修徳などの存在も気になるところ。三高の初戦は、目黒学院と一次予選24B代表校の勝者となりますが、ここの予想は難しい。

四回戦までの一次予選勢は、以下のとおり。
<24B> 豊島学院、高輪、葛飾野
<23B> 八王子桑志、南葛飾、城北
<22B> 文京大付、青山学院、本郷
<21B> 都市大等々力、大東大一、昭和一
<20B> 小山台、東洋、帝京大高
<19B> 成瀬、青稜、東村山西


【今後の主な予定】
3月10日(金) 午前9時 センバツ組み合わせ抽選会
3月14日(火) 午前10時〜10時20分 町田市壮行会
3月15日(水) 午前10:30〜甲子園練習
3月19日(日) センバツ開会式
3月30日(木) センバツ決勝
4月1日(土)〜23日(日) 春季都大会(本大会)
5月20日(土)〜24日(水) 春季関東大会(茨城県)
5月27日(土)・28日(日) 福岡県招待野球


■『ブラバン!甲子園ライブ 〜1都3県編〜』
4月9日(日)15:00開演 東京・NHKホール
【出場吹奏楽部】(50音順)
浦和学院高等学校、拓殖大学紅陵高等学校、日本大学第三高等学校&ダンス部、横浜高等学校
料金:2900円(全席指定)
主催・企画制作:キョードー東京



画像
                     2016年9月26日刊
     「はじめに言っておくけどね、いい男だよぉ。ほんとに」(関根潤三)








画像



月別リンク

春季都大会組み合わせ決まる。 日本大学第三高等学校硬式野球部応援団TOPICS/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる