日本大学第三高等学校硬式野球部応援団TOPICS

アクセスカウンタ

zoom RSS 延長十三回、創価を振り切りベスト8進出。

<<   作成日時 : 2016/10/23 21:51   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


■2016秋季都大会三回戦 10月22日(土) ダイワハウススタジアム八王子
日大三 000 100 000 000 3=4 H10 E0
創  価 000 010 000 000 0=1 H7 E0

(創)菊地、工藤、上村−藤澤
(日)櫻井、岡部、櫻井−津原

[本塁打]櫻井(日)
[二塁打]溝口(日) 
[盗塁] 日2

画像
        延長13回表、試合を決定づける3ランを放った櫻井くん。

【日大三】
画像

【創  価】
画像
うすいブルーは左打者。丸数字は学年。とくに表記のないものは2年生。打者間の二重線は投手交代機。

      櫻井(日) 11回2/3 被安打5 奪三振11 与四死球5 失点1
      岡部(日) 1回1/3  被安打2 奪三振0  与四死球0 失点0
      菊地(創) 5回     被安打3 奪三振0  与四死球4 失点1
      工藤(創) 7回1/3  被安打7 奪三振3  与四死球1 失点3
      上村(創) 2/3回  被安打0 奪三振1  与四死球0 失点0

画像
          13回裏、三者空振り三振で試合を〆る櫻井くん。
          投打にわたる活躍でこの試合文句なしのMVP!


駒大高戦のあと、櫻井くんが「強豪との試合は我慢のしあいになる。しっかり抑えたい」とコメントし、小倉監督が「ランナーを出しても自分の投球ができるようになってきた」と言っていた通りの試合展開となりました。立ち上がり四球やワイルドピッチ×2などで二死二三塁のピンチを迎えますが、後続を三ゴで乗り切ると徐々にペースを戻し、制球は荒れ気味ながら球威ある直球と切れ味鋭い変化球で創価打線を抑え込みます。

先制したのは三高。四回表、先頭・日置くんがこの回になって急に制球がばらけだした創価先発・菊地くんからストレートの四球をもらって出塁。比留間くんは送りバント決まらず、ヒッティングに切り替え中飛。この試合5番に打順を下げた櫻井くんがライト前ヒットでつなぎ、一走・日置くん三塁へ。続く金成くんがライトに犠牲フライを放ち1−0(なんと金成くん本大会初打点。いつか爆発してくれると信じてます)。

続く五回表、先頭・溝口くんが右中間への二塁打で出塁し絶好のチャンスを迎えますが、ここも続く津原くんがバントで送れず、ヒッティングに切り替え三邪飛。しかし、打順トップに戻って井上くん四球、大西くん四球で一死満塁の絶好のチャンス。クリーンナップを迎え、ここぞの期待が募りましたが、日置くん中直、比留間くん三飛で逸機。このあと10回、13回にもバントが決らず凡退となったケースが2度。攻撃のリズムがうまくつくれず、今後に課題を残しました。

試合が動き出した五回裏、創価の攻撃。先頭・近内くんが振り逃げで出塁(櫻井くんの変化球が切れ味よすぎて、打者もバットを当てられませんが、津原くんもワンバンを抑えられず)。続く陶山くんのレフト前ヒットでエンドランを決められ、無死一三塁。9番村田くんの遊ゴ併殺崩れの間に三走が帰り、5回を終わって1−1の振り出しに。

六回表から創価はエース工藤くんがリリーフ。コーナーへの制球がよく、変化球(スライダー?)もグィっと曲がってくる。その工藤くんから三高は七回に二死三塁をかたちをつくるもののものにできず、先攻の三高としては終盤を迎えて嫌なムード。

八回裏、二死二三塁のピンチで三高はエース岡部くんをリリーフに送り後続をピシャリ。しかし、九回表の攻撃は三者凡退に終わり、延長を視野に入れざるを得ない状況に。九回裏、先頭バッター仁木くんに左安で出塁を許してしまいます。三高の送りバントは決まりませんが、創価のバントはことごとく決まり、ここも送られサヨナラのピンチ。8番陶山くん右飛で二死二塁。迎えたバッターは創価エースの工藤くん。カウント2−2からの打球はライト前に。どきり。

二走がサードを回るとライト八木くんが冷静にホームへストライク送球、ゆうゆうの補殺!

「強打の」という定冠詞をつけて呼ばれることの多い三高ですが、今度のチームは守り勝つこともできるチームになっているのが強みと言えるのかもしれません。八、九、十回裏と3イニング連続で先頭バッターの出塁を許しながらしのぎ切り(三高スタンドの引退した三年生からは、各ポジションに檄も飛んでいたそう)、守りから攻撃のリズムをつくります。

そして、十三回表の櫻井くんのライト方向への3ラン。芝上段の通路あたりで跳ねて場外に消えてゆきました。

画像
                (youtubeにアップされていた動画から)

この場面、youtubeに動画がアップされていました。臙脂関係の方が上げてくださったようです。このほか、twitterやネット散策をするといい写真があっちこっち上ってました。たとえば、「FC町田ゼルビア放送局」さん。皆さん、ありがとうございます!          

【センバツへの道のり】
一回戦 12日(水)11:30 ○8-0 駒大高 (8回コールド)
二回戦 16日(日)12:30 ○12-2 東大和南 (5回コールド)
三回戦 22日(土)10:00 ○4-1 創価 (延長13回)
準々決勝 29日(土)12:30 vs 早大学院 (神宮第二球場)
準決勝 30日(日)12:30 vs 日野×八王子の勝者 (神宮第二球場)
決  勝 11月3日(木)14:00 vs 関東一×早実、国士舘×城西のいずれか
                   (神宮球場)

※11月3日の決勝が、東京六大学の優勝決定戦と重なった場合は11:00試合開始に変更。

画像

画像


試合終了後、広島・苑田チーフスカウトの指名挨拶を受ける小倉監督と坂倉くん(坂倉くんは苑田さんの頭に隠れて見えませんがw)。
画像
             「どうぞ、よろしくお願いいたします」


【秋季一次予選結果】
9月10日(土)14:00 ○10−0 青稜 (6回コールド)
9月24日(土)11:00 ○15-1 王子総合(5回コールド)
会場:日大三高野球場


【本大会ベンチ入りメンバー】
1 岡部 仁   (東京青山シニア/東京・和田中)
2 津原瑠斗  (長崎海星シニア/長崎・海星中)
3 金成麗生  (相模ボーイズ/神奈川・相陽中) 
4 大西 翔   (武蔵府中シニア/東京・日野四中)
5 井上大成  (相模ボーイズ/神奈川・南毛利中)
6 日置 航@  (上田南シニア/長野・上田二中)
7 比留間海斗 (友部シニア/茨城・岩間中)
8 櫻井周斗☆ (新座シニア/埼玉・所沢東中)
9 八木達也  (神奈川・大沢中・軟式)
10 田口仁平  (東京・上一色中・軟式)
11 山崎奨斗  (四日市ボーイズ/三重・内部中) 
12 高橋 遼   (東京城南ボーイズ/東京・清瀬三中)
13 佐藤拓海  (友部シニア/茨城・田彦中) 
14 長谷川央都 (小山ボーイズ/栃木・西方中) 
15 柳沢真平@ (東京練馬ボーイズ/東京・西台中)
16 金子 凌 @ (小山ボーイズ/栃木・三和中) 
17 溝口耕平   (藤沢シニア/神奈川・金旭中) 
18 中村奎太@ (千葉・八千代松陰中・軟式)
19 大塚晃平@ (相模ボーイズ/神奈川・座間二中) 
20 吉見樹之介 (世田谷ボーイズ/日大三中)
記録員:佐藤里音、山本友美子
主将:櫻井 副将:大西、比留間


【今後の主な予定】
11月3日(木)秋季本大会決勝
11月11日(金)〜15日(火)第47回明治神宮大会



                坂倉くん、おめでとう!
画像
               (10月21日付朝日新聞・東京面より)





画像





月別リンク

延長十三回、創価を振り切りベスト8進出。 日本大学第三高等学校硬式野球部応援団TOPICS/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる